企業情報

企業理念

マジカルサイトのWEB制作思想

WEB制作は、小額の費用でソフトとパソコンを揃えれば、誰でも簡単にできる作業です。実際に、個人ホームページを作成している人も非常に多くいらっしゃいます。それだけに、WEB制作業は敷居の低い業種、競争の激しい業種と言えるでしょう。このことは同時に、インターネット上にさまざまなWEBサイトがあふれていることを意味します。

マジカルサイトでは、WEBサイトを、それを運営する組織の対外メディアと位置づけています。WEBサイトを効果的に役立たせるには、サイトを立ち上げるよりも、それを運営する方が数倍難しいことをお客様にご理解いただき、お客様とともによりよい対外メディアとして、ワンランク上のWEBサイトを目指しています。

マジカルサイトが選ばれる理由

マジカルサイトでは1995年からWEB制作を行っています。当時は日本のインターネットの黎明期で、インターネットに接続することすら困難な時代でした。その後、1996年にはインターネットサービスプロバイダ事業を開始し、現在に至っています。日本のインターネットの発展とともに歩んできた歴史は、理論、方法論だけでは片付けられないノウハウを蓄積してきました。

サーバもネットワークも自営

マジカルサイトでは、WEBサーバやメールサーバといったサーバを自営しています。また、それらをインターネットに接続するネットワークも自営しています。これらはインターネットサービスプロバイダとして蓄積されたネットワーク資産やノウハウが生かされています。  ハード面を自営することにより解決できる技術的な事象は非常に多く、WEB上で動作するプログラムの開発やテスト、お客様ごとに最適なWEB運用、最適化されたセキュリティ、可用性の向上などがあげられます。  高アクセスが見込まれるWEBサイトや、特別なデータベースを用いる処理では、専用のサーバを用意することも可能です。

ISP業務とのコラボレーション

効果的なWEB運用には、お客様の運用体制の確立が欠かせません。マジカルサイトでは、VPNの構築をはじめとするネットワークの構築、ファイアウォールの構築、インターネットへのアクセスメソッドなど、インターネットサービスプロバイダ業務との連携により、個々のお客様ごとに最適な運用環境を提供しています。

理論よりも実践

マジカルサイトでは、お客様に提案するのに理論よりも実践を優先します。月間100万PVを超えるポータルサイト「旅々台北.com」では、サーバの構築からプログラム開発、データの作成、WEB運用まで、すべて自社運用を行っています。その派生サイトである「流々茶房」では、実際にECサイトを自社運営しています。こうした実践により得られたデータは、どのような理論よりも現実性が高く、説得力のあるものです。

マジカルサイトが選ばれる理由

マジカルサイトは、個々のお客様ごとに最適なWEBサイトの構築と運用のご提案からはじまり、導入、初期制作から更新運用までの長い期間にわたり、よりよいWEBサイトに発展するよう、お客様と共に努力しています。このような、お客様との総合的な協力体制が、ホームページを作るだけに終わらない、よりよい関係を維持できる理由です。